銀座ママがそっと教える「空気が読める人」の会話術(望月明美)

Processed with VSCO with f2 preset

いつも上司の顔色ばかりをうかがい、なかなか自分の思うような仕事を提示できないで苦労している「敏感ちゃん」の人。いつもいつもタイミングの悪いときに報告や相談をして、そのたびに上司から激怒されてしまっている、「鈍感ちゃん」の人。でも、どちらにも共通するのは、「嫌われたくない」とか「認められたい」という自分の感情ばかりが優先していて、相手のことが一向に見えていないという点です。(P28-29)

なるほど・・・自分は敏感ちゃんタイプかな?(周囲からは鈍感だろ!と言われそうだけどw)

つい、知らず知らずのうちに自分の感情や利益を目的にしてしまっているのかも知れない。
お店での具体例を出しながら、「空気の読める人」になる方法が色々提示されている本です。
けれども、どの職業でも「人とのコミニケーション」が重要になるのは変わらないので、
どの場面でも活用できる、そんなアイデアが多かったです。

昔からクラブやホステスさんに憧れていて、いつか体験してみたいななんて思っていますがw
どんどん年をとっていっています・・・時間の流れって加速度的!

コメント