入院2日目

入院2日目。
いよいよ手術当日。
寝られるか心配だったけど、薬の効果もあってか気づいたら寝てた。
いつも通り何度か夜中起きたけど、熟睡感があって良かった♪

前日の22時から絶飲食だったけど、それを気にする暇もないほど・・・
まず、点滴をする場所に痛み止めのテープを貼ってもらい(手の甲は予備。)、

手術着・紙パンツ・弾性ストッキングに着替えて手術室へ移動。

(うお~~テレビで見る手術室だ!!!)と思いつつ、名前を言って消毒して台の上へ。

左腕のテープ部分に点滴をして(血管が見えなくて4回も刺しなおされた涙。肘内側に太いのがあるんだけどね。血管薄い系女子になれた気分で嬉しかったw)、酸素マスクを付けられて深呼吸して下さい~と。

(お、いよいよ噂の全身麻酔か・・・と思い深呼吸を1回、2回、3回・・・アレ?全然落ちないけどお酒強いから?!!)と思ってたら、

看護師さんが「お肌綺麗~~☆」と謎に褒めてくれてニヤリ。。。

としてたら、麻酔科医の先生が「は~い、眠たくなるお薬入れますよ~」と。

まだやったんかい!!!w

と思いながら、深呼吸を1回したら、それまで目パッチリだったのに、
ガクンと眠気が来て、(こんな効く薬世の中にあっていいの~~???)と思いながら、

目を覚ましたら、
「無事、手術終わりましたよ~」と言われ本当にビックリした(笑)
リアルよく聞く体験談と同じ経験が出来て感動・・・。

してる間もなく、鼻から呼吸が全っっっっくできない!!死ぬ!!!
鼻閉率100%で、1ミクロンも(話題の?w)鼻から息が入ってこなくて、下手したら溺れる感じ。
むしろ近くで談笑してる看護師さん達にも「あんたらだけ普通に呼吸しやがって・・・・」と思うくらい精神状態が狂う辛さだった。。というか、少しでも鼻呼吸してる全人類にイラついたw

辛いながらもウトウトして、目を覚ましたら13時20分くらいだったかな?
手術が9時頃~1時間半だったから、この時点で約3時間安静にしてたみたい。
トイレに行きたくなったので、その旨伝えると、まだ麻酔が抜けきってないので車椅子でトイレまで運んでくれることに。

全身麻酔による悪寒はなかったけど、起き上がった瞬間少し気持ち悪くて、2回くらいえずいた。
それよりも、この鼻の状態のまま数日過ごすなんて絶対無理、最悪、手術しなければ良かった・・・私のバカ・・・と涙目になってた。

が、泣いたら本当に窒息死しそうなので、我慢。。。

お母さんに、口ポカンと開けて冷えピタ貼ってる写メを送ったら、「痛々しくて可愛い!美人になってる(目がハートの顔文字)」と的外れな返事が来て恨みつつも、「アプリだよ」と返しふて寝(笑)

完全汁物なご飯を15時くらいに持ってきてくれて、食べづらいけど沁みた・・・。

寝て起きてを繰り返してると、不思議なものでこの状態にも慣れてきて、夕方には何とか乗り切れそうだなと前向きになってた。

夜ご飯は、お粥だけだと思ってたけど、お魚やお豆腐もあり美味しく食べた♪
どんな時でも食欲はなくならないので我ながらすごい。。。振り返ると、手術が終わった安心感と、鼻に少し慣れたこのご飯が一番美味しく感じたかも。

点滴しつつ、

買ってきたゼリーを立て続けに4個くらい食べて気を紛らわせ・・・(オイw)

何とか生き延びました。
とりあえず、無事手術が終わったことに感謝!!
夜には、これで鼻炎や不調とおさらば出来ればいいなと願えるくらいになってました!

翌日へ。

コメント